雨漏り修理は専門の業者に任せて確実に改善しよう。

雨漏りをそのままにしておくと危険!~修理の重要性~

暴風雨によって雨漏りが発生したら~業者に依頼して改善~

台風などによって強い雨風を受け続けると、屋根が破損して雨漏りの原因になってしまいます。こうしたトラブルは雨漏り修理業者に依頼することであっという間に改善できますよ。

気になる雨漏り修理業者の対応サービス


どんな雨漏りの症状でも対応してくれるの?
実績がまだそこまでない雨漏り修理業者だと、瓦のように昔ながらの屋根の工事には対応できないこともあるので、できるだけ実績の豊富な雨漏り修理業者を選ぶと良いでしょう。
全国に対応しているのでしょうか
大手の雨漏り修理業者ともなれば日本全国で対応しています。住んでいる地域に一番近いスタッフがスピーディに対応してくれます。
雨漏り修理業者のサポート体制が気になります。
雨漏り修理業者の中には24時間365日いつでも対応してくれるところもあります。そういった雨漏り修理業者に頼めば急なトラブルでも安心です。

対応サービスは雨漏り修理業者によって異なりますが、大手の雨漏り修理業者は日本全国で受付対応をしていますし、サポート体制もバッチリです。もしもの時に迅速な対応をしてくれる雨漏り業者がいれば安心ですね。

雨漏りは放置すると危険!~早めの雨漏り修理が大切~

屋根

自然災害や家の老朽化によって屋根が破損してしまうことがあります。それが原因で雨漏りが発生することもあるので早めに雨漏り修理をして、被害を最小限に抑えるようにしましょう。

雨漏りする原因

強風などによる影響
強風によって屋根のスレートが浮いてしまったり、割れたりしてしまうことがあります。そこから雨が浸入し、雨漏りの原因となってしまいます。特に台風の時はものすごい風が吹くので、雨風にさらされている屋根は被害を受けやすいです。
建物の老朽化
建物の老朽化は避けられません。屋根材の塗装が剥げてしまったり、錆びてしまったりして、屋根が本来の機能を失ってしまうことがあります。屋根の耐久年数は20~30年なので、それ以上経っているのであれば建物の老朽化による雨漏りかもしれません。
施工不良
まだ家を建てたばかりなのに雨漏りするという場合は、施工不良の可能性があります。幸い、家が築10年未満であれば、家を建てた業者が無償で雨漏り修理をしてくれるので、万が一の場合はそういった制度を利用しましょう。

このように間接的な原因によって雨漏りが発生することが多いのです。定期的に屋根のメンテナンスを行っておけば、もし雨漏りをしたとしても被害の拡大を防げるでしょう。

雨漏りを放置するとどうなるのか

天井に染みがあったのですが、1年ほど放置していました・・・(田中さん/40代/男性)

天井の染みはベランダの笠木から雨水が浸入していたのが原因だったようで、気付いた時には軒板が腐食していました。

雨漏り被害+シロアリ被害のコンボでやられました・・・(山口さん/30代/女性)

雨漏りを放置していたら、いつの間にかシロアリに外壁の柱を食べられていました。二次被害のせいで修理に100万円以上かかってしまいました。

このように雨漏りを放置したことによって二次被害が起きてしまった人も多いのです。二次被害が起きると修理費用が高くなってしまうこともあるので、雨漏り修理は早めに行ないましょう。

TOPボタン